諸費用を大きく抑える

仲介手数料を考慮する

手

長い人生の中で最も高価な買い物となるのが住宅です。数千万円はする買い物であるため、住宅購入をする際は慎重に計画を立てる必要があります。人生設計や資金計画などをきちんと立てることで、家族全員の笑顔が溢れるマイホームとなるのです。その計画の中には、住宅購入に関する諸費用も考慮していなければなりません。価格の高い住宅は、諸費用も大きな額となります。そのため、わずか1%の違いが数十万円もの違いを生み出します。住宅購入に関する諸費用の中でも最も高額となるのが、仲介手数料です。一般的に仲介手数料は、物件価格の3%プラス6万円を支払う必要があります。3000万円の物件であれば、仲介手数料は96万円にも上ります。また、消費税がかかってくるため、総額は100万円以上になってしまいます。

仲介手数料が無料

非常に高額となる仲介手数料を最大無料としているのが、八潮市で不動産を取り扱っている第一住創です。第一住創は、古い習慣が残っている不動産業界にあってサービス重視の姿勢を鮮明に打ち出しています。仲介手数料が最大無料となるため、大きく諸費用を抑えることが可能です。そのため、資金計画が立てやすくなるほか、より希望に沿った物件を購入することが可能です。また、新築一戸建ての物件であれば、全て仲介手数料が無料となるのが第一住創の大きな魅力です。新築一戸建てであれば第一住創が取り扱う物件でも、他の不動産会社で取り扱っている物件でも仲介手数料が不要となるのです。仲介手数料が無料であってもアフターサービスや保証は変わりはないため、安心して第一住創に依頼できるのも大きな特徴です。